下手の横好き

こっそり。ひっそり。人知れず不定期更新される備忘録的ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空模様

今日は天気が良くないね・・・。

そんな溜息交じりの呟きが似合いそうな、サザンカに被写体になってもらいました。

色の濃い花を撮影すると簡単に色飽和を起こしてしまいそうで・・・いつも身構えてしまいます。(^^ゞ


☆ポチッ!と、応援お願いします☆


banner.gif
☆いつも有難うございます☆

関連記事
スポンサーサイト

清々しく

以前に掲載した水仙の写真は、あまりにも暗いイメージでしたので今回は明るめのを掲載しようと思います。(^^ゞ

と言うわけで、いつものように縦構図を2枚並べてみました。
DSC_0111-1.jpg
左の水仙は花が小さめで色彩のメリハリも良く、キュートな感じの可愛らしい花でした♫
対して右の水仙は八重咲きで豪華(?)なのは有難いのですが、こうして説明が無ければ何の花なのかが伝わり難いのが難点かな?と。^_^;


こちらはオーソドックス(?)な水仙です。
DSC_0096-1.jpg
椿の葉の間から漏れる日差しを玉ボケとして利用してみました。
が。毎度のことながら、玉ボケを盛り込み過ぎた感が否めないですね・・・。
もっとスッキリと撮影出来るよう精進したいと思います。(^^ゞ


☆ポチッ!と、応援お願いします☆



☆いつも有難うございます☆

関連記事

引いたり寄せたり

26日の記事、シンメトリーの続きです。

今回は広角レンズで撮影したものと望遠レンズで撮影したものを並べてみました。

DSC_0059-1.jpg DSC_0063-1.jpg

この2枚は同じ場所からの撮影ですが、レンズを交換しただけで迫力や雰囲気がガラリと変わってしまうのは本当に面白いですよね♪
移動の際は機材がもっと軽かったらなぁ~・・・と思うことが多いのですが、こうして楽しめることを考えるとチョットくらい重いのは我慢かな?などと感じてしまいます。(^^ゞ


☆ポチッ!と、応援お願いします☆



☆いつも有難うございます☆

関連記事

梅、薫る

ちょっと前から梅が咲いているのは知っていたのですが、なかなか思うように撮影出来きず・・・結果、掲載も出来ずに居りました。
が・・・。

最近になって、やっとこんなのが撮れましたので観て頂けたら嬉しく思います♪

DSC_0178-1-2.jpg

この日は一日中曇っていたので、こう言った淡い色の花を撮影をしていても色乗り(?)が非常に良く本当にラッキーでした♪
とは言え、そろそろ当地も桜のシーズンに近付きつつあり・・・
そう言った背景を考えると、もう既に梅で喜んでいる場合ではないのかも!?などと感じてしまいました。(^^ゞ


☆ポチッ!と、応援お願いします☆



☆いつも有難うございます☆

関連記事

光と影 その2

25日の記事、光と影 その1からの続きです。

コブシの蕾かな?と思いますけど、確かなことは解かりません。(^^ゞ

前記のネコヤナギのようなシチュエーションと似たような設定で、蕾の産毛(?)が浮かび上がるように撮影してみました。
下部のスペースに玉ボケが欲しかったなぁ~などと思ってみたり。。。^_^;

こちらは皆さん、ご存知の水仙です。
DSC_0020-1-2.jpg
薄暗い林の中で木漏れ日を浴びながら咲いていたので、ソフトフィルターを用いて水仙の花だけが浮かび上がるように露出を切り詰めがら撮影してみました。
周囲が薄暗かったこともあり、水仙の株下を良い具合に隠せたかな・・・と感じています。


☆ポチッ!と、応援お願いします☆



☆いつも有難うございます☆

関連記事

シンメトリー

日毎に温かさが増してきていますね。
そんな訳で・・・。

分厚い氷も融けて湖面が顔を覗かせていることだろう・・・と思い、久し振りに映り込みの撮影に行ってきました。
DSC_0040-1-3.jpg
朝の色が消えてしまわないうちに・・・と思いながら撮影を行っていました。(^^ゞ
微風程度の風は吹いていましたけど、それでもこれだけ綺麗に映り込んでくれたら充分です♫
ND16+C-PL


☆ポチッ!と、応援お願いします☆



☆いつも有難うございます☆

関連記事

光と影 その1

同じ被写体でもシーンによって、全く違う表情を写し撮れることも撮影の楽しみの一つですよね。

川面を背景に撮影してみました。
DSC_0037-1-3.jpg
夕方の撮影でしたので、玉ボケも夕陽の色に染まっています。

こちらは杉林を背景にしてみました。
DSC_0066-1.jpg
斜光を利用してネコヤナギの蕊を印象的に撮影したかったので、露出をアンダーに設定して撮影してみました。

この時期は一気に被写体が増えるので、撮影していて楽しくもあり忙しくもあり・・・ですね♪


☆ポチッ!と、応援お願いします☆



☆いつも有難うございます☆

関連記事

明け行く空に

前記からの続きです。

薄明が進み、東の空に朝陽の色が混じり始めました。
この時間に東の空高く残っている星達を撮影するのも楽しいのですが、今回は空では無く水面にレンズを向けてみました。
DSC_0129-1_20130318011829.jpg
なぜなら、夜明けと同時に出漁する漁船の光跡を撮影してみたかったから。
原発事故の影響で、こんな光景を見ることは不可能かも・・・と思っていただけに、この撮影には力が入ってしまいました。(^^ゞ
全ての漁船が稼働している訳ではありませんが、こうして少しずつ徐々に・・・。
そんな想いで撮影させて頂きました。

この後は睡魔が襲ってきたので、日の出を待つ事無く帰宅。。。
今にして思えば、無理してでも撮っておくべきだったかな?と感じています。w


☆ポチッ!と、応援お願いします☆



☆いつも有難うございます☆

関連記事

夜が明けるまで

前記の続きです。
そう言えば・・・。
新しいテンプレートに馴染めそうな感じがしなかったので、以前から使用しているテンプレートに戻しました。(^^ゞ

この夜は天候が安定していたので、久し振りに夜明けまで撮影を続けることが出来ました。
そんなわけで今回は、時間の経過と星の見え具合を比較して頂こうかと2枚を並べてみました。

DSC_0098-1.jpg  DSC_0107-1.jpg

左側の撮影時刻はAM4:26。
天の川の写り具合も良い感じです♫

右側の撮影時刻はAM4:41。
僅か15分しか経っていないのに、天の川を写し出すのが難しくなってしまいました。
そうです。夜明けの時間が近付き薄明が始まっているのです。

意外に思われるかも知れませんけど、この薄明も好きな時間帯です。
だって東の空が・・・。

続きは後日・・・と言うことで。(^^ゞ


☆ポチッ!と、応援お願いします☆



☆いつも有難うございます☆

関連記事

bridge

震災以降、通行止めが続いている大橋。
以前は大橋を照らす照明があって、それはそれは派手な演出がなされていたのですが、今ではすっかり御覧の通りの静けさです・・・。

だから、大橋の上空を天の川で飾ってあげようかと思ったのですが・・・。
DSC_0091-1_20130322122425.jpg
天の川と大橋の角度が著しくズレていて、こんな具合に・・・。
事前の下調べ&シュミレーションを、もっと念入りにしておけば良かったです。(^^ゞ
でもこの夜は気持ち良く晴れてくれたので、夜明けまで撮影を楽しむことが出来ました♪

続きます。


☆ポチッ!と、応援お願いします☆



☆いつも有難うございます☆

関連記事

水際の春

水温む季節になりつつあっても、日蔭は未だに冬の名残りが残っていたりしますね。

そんな二つの季節が同居している沼を見付けたので撮影してみました。

単なる記録撮影だけでは面白みに欠けるので、普通に撮影したものと思いっきりピントを外した2枚をカメラ内で合成してみました。
・・・決してピンボケ写真ではありませんよ!w

そう言えば、この沼でこんな↓ものを見付けました。
DSC_0052-1.jpg
そうです。皆さん、ご存じのカエルの卵塊です。
上記の撮影を行っていた足元でヒキガエルらしきカエルの『抱接』を目の当たりにしたので、もしや・・・と思っていたのですが、まさかこんな早い時期にこのようなものを見付けてしまうとは・・・。

実は私、この手のテロンテロンしたものが大の苦手なのです。。。
だからこの卵塊を撮影していたときも、徐々に気分が悪くなってきてしまい・・・。(-_-;
ブログを運営していなかったら絶対に撮影していないと断言出来る被写体ですよ。コレは。w

なんだか、ここ最近は不定期更新じゃなくなりつつありますね。。。


☆ポチッ!と、応援お願いします☆



☆いつも有難うございます☆

関連記事

光と遊ぶ その4

今回は玉ボケではなく、オーソドックスにソフトフィルターを用いて撮影してみました。

云わずと知れたクリスマスローズです。
DSC_0009-1.jpg
先ずは花びらの縁にピントを合わせてみました。
ソフトフィルターが光を拡散させてくれるので、結構良い感じの表現になりますね。

こちらは蕊にピントを合わせてみました。
DSC_0017-1.jpg
せっかくのマクロ撮影なので蕊にググッと迫ってみました。
八重咲きなどの豪華な花ではありませんが、思いのほか可愛らしい花で気に入ってしまいました♪


クレマチス・・・かな。
DSC_0024-1.jpg
こちらは窓辺から差し込む光で背景を飛ばしてスッキリさせてみました。
イメージ的には「光溢れる窓辺」と言うよりも「気怠い昼下がりの窓辺」・・・と言ったところでしょうか。(^^ゞ

拙いマクロ撮影にお付き合い下さいまして有難うございました~。m(__)m

関連記事

光と遊ぶ その3

今回は枯れた花ではありません。(^^ゞ
そう言えば、久し振りにテンプレートを変更してみました。


ご存知、蝋梅(ロウバイ)です。
DSC_0186-1_20130319195243.jpg
ステンレス製の手摺りが日差しを反射していたので、これ幸い・・・とばかりに玉ボケとして利用させて頂きました。
ええ。立っているものは親でも使ってしまう性格です。w

玉ボケついでに、もう一枚。
DSC_0169-1_20130318002153.jpg
ホトケノザとオオイヌノフグリ・・・かな?です。(^^ゞ
エクステンションチューブなるものを入手したので試し撮りのつもりでしたが、思っていた以上に撮影に没頭してしまいました。

もう少しだけ続きます。

関連記事

光と遊ぶ その2

・・・今回もフレッシュな、お花ではありません。w

被写体は以前も掲載したヤマユリ(かな?)の朔果です。

背景を暗く落とすのに苦労しましたが、なんとかお見せ出来るようなものを撮影出来ました。
ただ、前記と同じで玉ボケの口径食が気になりますよね?

と言うわけで、ちょっと絞って撮影したのがコチラです。
DSC_0050-1.jpg
絞ったぶん玉ボケが小さくなってしまいましたが、形は”ほぼ”修正されました。
この写真、結構気に入っています。(^^ゞ

当たり前の話ですけど、2枚とも一枚撮りです♪
多重露光や合成では無いので誤解の無いようにお願い致しますねー。^^

続きます。

関連記事

光と遊ぶ その1

マクロ撮影ってチョット面白いかも!
と言う訳で、今回は玉ボケの撮影を楽しんできました♪

とは言え、まだ花の少ない時期なのでドライフラワー化した紫陽花に被写体になってもらいました。
DSC_0013-1.jpg
なかなか良い味を醸し出してくれるので侮れない被写体だなぁ~・・・と思いながら撮影を行いました。
が。調子に乗って玉ボケを取り込み過ぎてしまいました。(^^ゞ
また絞りを開放にして撮影したので、口径食の影響で玉ボケが妙なカタチになっているのも気になるところですね。

ネタ切れを避ける意味で小出しで行こうと思います。w
続きます。

関連記事

ウズウズ・・・

今年もこんなのが撮れたら良いなぁ~と言うことで、今回は庫出しです。

菜の花畑を背景にした土筆です。

ただの図鑑写真のように撮影してしまうのは勿体無いので、絞りを浅くして柔らか~く撮影してみました。
やっぱりこの手の被写体は背景に左右されちゃいますよね♪
因みにこの写真、ほぼ撮って出しです。^^v

関連記事

春探し

ここ最近は一気に春めいてきましたね。
と言うことで・・・。

木漏れ日を浴びながら咲いていた福寿草の撮影を。

この花が咲いているのを見付けると季節が進んでいるのを実感出来ますね。
久し振りに地面に這いつくばって撮影を行いました。(^^ゞ
この造花ぽい造りは個人的に好みです。

こっちはヤマユリの朔果かな?
055-1.jpg
実が弾けて中身は空っぽでしたが、被写体として面白そうなので撮影してみました。
玉ボケ入りの写真は久し振りに撮影したような気がします。

これからは時期的にマクロレンズの出番が増えそうなので練習がてらに撮影してみました。
ただ・・・未だ花の時期にはチョット早いので、被写体を探すのが億劫と言えば億劫ですね。(^^ゞ

関連記事

潮の香り

この日は快晴との予報でしたので久し振りに海に行ってみました。

が。ご覧の通りの薄曇り・・・。

まぁ、概ねそんなもんですよね。(^^ゞ
本当は夜明けまで撮影する予定でしたが、こんな空模様じゃどうしようもないので早々に撤収。
辛うじて北斗七星を撮影出来ただけマシなのかも・・・と思うことにしました。w

海辺に明かりが燈っていたり岸壁に船が係留されている光景はやっぱり良いものですね。
こう言った『人の営み』を感じられる光景が、どこの海辺でも見れるような日が一日でも早く訪れるのを望んでやまないです。

関連記事

夕闇迫る頃

撮影日は3月6日です。
リアルタイムなネタじゃなくてスミマセン。m(__;m

3月10日の朝に、この場所に撮影に行ってみましたが、現地に着く手前で30羽ほどの群れが北に向かって飛んで行くのを3度ほど見ました。
なので今では1羽も残って居ないかも知れませんね。

まぁそれはさて置き、夕空を翔るペアーの姿は何度見ても飽きることはありませんね。
番(つがい)になっているだけあって息が合っていると言いますか、似たような姿勢とタイミングを見せてくることも多くて本当に驚かされますね。

こちらは流し撮りです。
DSC_0166-1.jpg
夕陽を背景にして撮影した中で”なんとか”画になったかな?と感じている一枚です。
が。こうして改めて見てみると詰めの甘さを感じますね。(^^ゞ

折角の夕焼けでしたので、こんなのも撮影してみました。
DSC_0143-1.jpg
この時は北帰行の前でしたので陽が沈むまで一心不乱に採餌に励む個体が多かったのですが、この個体だけは時折空を見上げたりしてソワソワしているように見受けられました。


もう少し楽しめるかな?と考えていましたが、突発的に暖かい日が続いてしまい結果として北帰行が早まってしまいましたね。
そんな訳で、今季は思ったよりも盛り上がらないうちに一気に終了してしまった感じが非常に強い白鳥シーズンでした・・・。(^^ゞ

関連記事

旅立ちの予感

前記からの続きです。

決してドラマチックな夕焼けではありませんでしたが、その代わりに淡くて儚げな茜色が辺り一面を覆ってくれました。

こう言った具合の優しい色合いは個人的に好みです。^^
時間的に光量が不足してくるので高感度での撮影となりましたが、主題=白鳥を真っ黒のシルエットにしてしまうことなく撮影することが出来ました♪
ただやっぱり夕方は色々と物思いに耽ってしまいますね・・・。
こんな光景を撮影しながら、そろそろ旅立ちが間近なのかも・・・などと考えておりました。(^^ゞ

そう言えば、明日で東日本大震災から2年が経ちますね。
奪われてしまった沢山の尊い命があったこと。
そして、いつ終わるとも分らない原発事故による被害。
まだまだ復興とは呼べない被災地の現実。
あの震災によって本当に色んなことがありましたし、それはこれからも続くのだと思います。
だからこそ、決して忘れることの出来ないもの・・・として記憶の中に深く刻まれて行くのですよね。。。

関連記事

夕焼け色

撮影日時は3月5日の夕方です。
春の陽気を感じられるような暖かい日でしたので、仕事をさっさと終わらせて夕空を翔る白鳥達の撮影に出掛けてみました。

先ずは頭上を通過して行った白鳥です。
DSC_0125-1.jpg
レンズを向ける方向に依っては白鳥が真っ黒のシルエットになってしまうので、何度も露出を変更しながら撮影を行いました。
風切り羽を透過する夕陽の色が気に入っています♪

ふと思うことがあって、SSを1/60にして流し撮りを行ってみました。
DSC_0178-1.jpg
翼の先が僅かにブレただけで終わってしまいましたので失敗と言えば失敗ですね。(^^ゞ
でも、この方向性はチョット面白いかも・・・と思いました。
時間が出来たら再度試してみようと思います。

関連記事

出会いの記録

今回の撮影日も3月3日です。

白鳥達の餌場で出会ったヒシクイ達です。

同行してくれたO師匠が気付いてくれなかったら、きっと撮影出来ていなかったと思います。
この場を利用して、お礼申し上げます。(^^ゞ


因みにこの日は、こんな鳥↓も撮影して来ました。
そう。宮城県南部の方々のブログで話題になっていたナベヅルです。
DSC_0077-1.jpg
今更・・・と言う気持ちもありましたが、記録として残しておこうと考え撮影してきました。
初めて撮影に行きましたが、やはり・・・と言いますか、想像以上のカメラマンの多さに驚かされながら撮影を行いました。。。

結局この日は、いつもの沼→ナベヅルの居る河川→白鳥達の餌場・・・と言った順番で撮影を行いました。
そんな訳で、久し振りに楽しい日曜日を過ごすことが出来ました♪
関連記事

体力増強中?

これも3月3日に撮影したものなのですが、場所は前記と違い餌場(?)での撮影です。

雪が融けてしまったことが原因で足が向かなかったこともあり、この場所で撮影するのは実に久し振りです。(^^ゞ

この日は思いのほか活気があって、餌場と河川を行き来する個体が多かったです。
北帰行に向けての体力作りなのかな?とも感じました。

ちょっとだけ場所を移動して撮影しました。
DSC_0177-1.jpg
これは餌場に降りてくる途中ですね。
木立ちの上空を上手い具合に通過してくれたのでパチリしました。

もうチョット続きまーす。
関連記事

難易度・・・

撮影日は3月3日です。

この日は「桃の節句」でしたが、良い歳したオヤジにはそんなことは関係無いので、いつもの沼で朝から流し撮りの練習をしていました。w
DSC_0044-1.jpg
SSは1/25です。
この辺りから一気に歩留りが悪くなるので、私にはこのSSが壁なのかも知れないですね。
・・・流し撮りは、やっぱり難しいと感じました。(^^ゞ

ちょっとだけ続くかも知れないです。
関連記事

三月

早いもので、もう三月になってしまいましたね。
週末はまた寒さが戻ってくる予報となっているようですが、少しずつ春の気配が混じり始める時期でもありますよね。

そんな訳で、彼らの撮影が楽しめるのも残り僅かなのかも。

水面が夕陽に染まったところをローアングルで狙ってみました。
・・・まぁ、早い話がいつもの沼の観察台で、這いつくばって撮影してみましたよ。と言うことです。w
撮影中に誰も来なかったことが不幸中の幸いでした。(^^ゞ

関連記事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。